Songs

ALL

    配信

A.

巴山萌菜

¥0 (税込)

2018 年 10 月 29 日

17887_112253_862339

2018年10月29日0時~ 漫画コラボ動画(YouTube)&定額制音楽配信(Apple Music,LINE MUSIC, Spotify等)スタート

YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCu1q7U6dYoGcSMza-g4oOHQ

 

巴山萌菜「A.」(アンサー)

作曲 ミト @micromicrophone ‏
作詞 meg rock @mgrck
編曲 オカチオリカ  https://www.okachiorika.com/
ピアノ ハタヤテツヤ  http://hatayatetsuya.com/
ベース 照井淳政 @atsumasaterui
ギター Br'z @brz_jilty ‏

コラボレーション漫画 くもすずめ @suzumeeeeei
映像制作 MINERAL.Inc  http://mine-ral.com/

 

巴山萌菜 「A.」コメント

今回もまた、本当な豪華なクリエイターの皆さんが巴山萌菜のオリジナル曲を形にしてくださったことに感激しています。
この曲の存在を、この先の私の自信にして、聞いてくれる皆さんにも光を届けられるようにずっと大切に歌っていきます。

この曲に込めた私の想いのきっかけはシャボン玉でした。
シャボン玉を聞いてくれるみんなの心(人生)と私の心(歌)とにそれぞれ例えてみて… 私の歌のシャボン玉を飛ばしてみんなの心へと重なり合い、それぞれの人生に私の歌で彩りや輝きを届けたい。
すぐにどこかへ飛んで行っちゃうし、息を吹きかけたら壊れそうなくらい繊細なシャボン玉。きっと重なり合うタイミングは一瞬で、それは勇気を出す"きっかけ"にも似てると思います

作曲してくださったミトさんと初めてお会いしたのは… 私がアイカツ!歌唱担当時代に歌った曲「Poppin'Bubbles」のレコーディンのときでした。
今回、私が歌いたいオリジナル曲のテーマに、このシャボン玉のイメージが思い浮かんだことと、私が曲に込めたい想いと、シャボン玉=“バブルス”にリンクして、曲をミトさんに書いていただきたい!と強く思い、夢が叶いました。

そしてここからミトさんが繋げてくださったのが、作詞をしてくださっためぐちゃん(meg rock)!
「笑顔の理由」をカバーさせていただいていたりして、一方的に存じ上げてはいましたが、ミトさんが「この曲にピッタリ!」と言ってご紹介してくださいました!
詞にたくさん出てくる"ちょっと"や"きっと"、"わかってはいるんだけど"という言葉があらわしている、照れくさかったり上手に伝えられないもどかしい気持ちは、私自身すごく共感できる部分です。いつだって自分の本当の気持ち!と思える、とても素敵な詞を描いてくださいました。

おふたりとも、私と初めて会ったときの出来事とかも、この曲に込めてくださったように感じます。

そんなこの曲は、今まで歌ったことがないような曲調や歌詞と世界観が私にとっては新しい挑戦で、これまで歌ってきたオリジナル曲とは少し違った新鮮な感覚を持っています。
アレンジをしてくださったオカチオリカさんも、いつも楽しみなハモやコーラスを含めた全体に、今まで以上の気合いが伝わってきてとても嬉しかったです。

新たに書き下ろしていただいたコラボ漫画も、お願いしたときはどんな物語が生まれるのか全く想像ができなかったけれど、日常生活を送る私たちにより近いところで共感できるようなストーリーを、くもすずめさんが素敵に描いてくださいました♪

人それぞれの人生があって、その人にしかわからない気持ちがたくさんあって(友達でも、仕事仲間でも、家族でも同じことで)その人がどんな1日を過ごして、どんな想いを感じ、思い出があるのか…
この曲を聴いてくれる人の、家族や友達、恋人にはなれないかもしれないけど歌だったら聴いてくれる方の人生に、交われるんじゃないか!その人の人生に重ねられるんじゃないか!って信じてる。
これが、私にしか届けられない歌になれると信じてる。

だからこの歌を聴いてくれたみんなにとって…自分の人生に楽しさが増した!強さやパワーが生まれた!みたいに、人生を飾ったり、色を足したり、メイクしたりコーディネートできるような曲してもらえるとうれしいです。

みんなの何かの小さなきっかけになれますように☆彡

 

 

***

 

くもすずめさん コメント

普段はテーマに沿って漫画を執筆することが多いのですが
今回に限っては楽曲の歌詞に合わせる必要はない、
と依頼をいただき個人的には初めての試みでした。
ただ、せっかく漫画になるから、視覚的に楽曲を作った側の気持ちを反映させたいと思い
萌菜さんから事前に伺っていた「しゃぼん玉」を作中にたくさん出しました。
どこに飛んで、いつ弾けてしまうのかわからない
そんな自由さを持ったしゃぼん玉の話を聞いたおかげで
紬と言う自分らしく生きたいと願うキャラクターを生み出せたと思います。
そしてそれに感化される継斗は、A(アンサー)を聞く皆さまとして描きました。
私の漫画を読んで、そして萌菜さんの歌声でこの楽曲を聴いて
少しでも皆さまの心に響けばいいなと思っています。
この度は本当に貴重な経験をありがとうございました!

 

 

***

収録曲
1 A.